埼玉県東部を拠点に公共工事を手掛ける総合建設会社

i-Constructionへの取組み

  i-Constructionとは

 ICT建機(情報技術を駆使した建機)を活用した情報化施工のことで、これにより施工の効率化、品質の向上、安全性の確保などの面で飛躍的な改善が見込まれます。ドローンやGPSで取得したデータを活用し、3Dスキャナーを用いた計測、最新鋭のICT建機を用いた効率的・高精度・少人数による安全性の高い工事は、これまでの土木工事のイメージを一新するものです。また、導入が進むことによって、女性がより働きやすくなってきています。


測量業務・進捗管理用ドローン


3Dプリンタ


マシンコントロール搭載ブルドーザー


マシンコントロール搭載バックホウ

 i-Constructionは建設現場の革命

2017年入社 工事部 矢吹駿平
2017年入社 工事部 矢吹駿平

私は入社以来、現場において、施工対象の高さや位置を現場に示す「丁張り」の設置作業をほとんど行ったことがありません。ICT施工では、ICT建機に3次元設計データを読み込ませることで、現地に高さや位置を明示する必要がないからです。そのくらい当社ではICT施工が標準化してきています。現場の見た目が大きく変わるわけではありませんが、実際とても違います。

測量業務:起工測量と出来形測量はICT施工においてはUAV(ドローン)や3Dレーザースキャナを活用します。

施工管理業務:ICT建機に読み込ませる3次元設計データを作成します。3次元設計データを作成すれば、時間と労力の掛かった「丁張り」を設置する作業がなくなります。

 PRISM(官民研究開発投資拡大プログラム)

「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための 革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」として、金杉建設を含むコンソーシアムが、平成30年度の対象技術Ⅱ(データを活用して品質管理の高度化等を図る技術)に選定されました(全国で14件が選定)。

技術名: 盛土工事におけるIoTデータと画像の連携による品質管理
コンソーシアム構成員: 東京建設コンサルタント、金杉建設、流域水管理研究所
試行場所: 東京東埼玉道路 赤岩地区

技術名: 3D締固め管理システムによる品質管理
コンソーシアム構成員: 金杉建設、アクティブソリューション、創和
試行場所: 幸手地区堤防整備